スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
車椅子
足立美術館3

私の父は今年80歳。
ここ3、4年リュウマチを煩い寝たきりの生活が続き、ようやく歩けるようになったところで、母の他界でした。

今のところ、一人で生活しているのですが、デパートに連れて行ったり、旅行に連れて行ったりと何かと父の世話をする機会が増えています。

足立美術館2

りゅうまちが治ったわけではないので、両手には杖を持ち、人ごみは車いすを使っての移動になります。

父といると、まるで2歳くらいのよちよち歩きの子供といるような注意深く相手を見守る姿勢が要求されます。

2歳児の世話に比べると父は言葉も話せるし、頭もしっかりとしているし、その辺りはとても楽なのですが、意外と大変なのが車いすです。

4/29~5/1と父を連れて温泉に行ってきました。
母が亡くなってしょんぼりしていたので、少しでも気分が前向きになるようにと、リュウマチが良くなるようにと思っての事でした。

最後の日に島根県にある足立美術館に行きました。
私は、いつも、父の介護をしているわけではないし、父もいつも車いすに乗っているわけではないので、会館にある車いすをお借りします。

普段押しなれていない車椅子。
父を乗せるとたぶん70キロは超えます。
車いすを押していると一汗かきます。
わたしも、今まで知りませんでしたが、ベビーカーを押すのとは大違い、結構、重労働です。

スロープは緩やかな所は押しやすいのですが、それでも思った所で、止まらずに人にぶつかる事もあります。
頭で考えているよりも、車いすを回転させるのに大きなスペースを必要とする事もあります。
スロープに寄っては勾配が急な所もあります。
一気に押し上げないと、普段運動不足の私には車椅子を押し上げる事ができなくて、坂を下ってきてしまう事もあります。

「すみませ~~ん」と大きな声を出して車いすを押すのですが、残念な事におしゃべりに夢中になったりして、無視される事も多々あります。
時には、人にぶつかってしまう事もあります。
本当に残念なんですが、そんな時、睨まれたり、嫌みを言われたりする事もあります。
車いす専用のエレベーター。
健康な家族が意気揚々と乗り込み、私達家族は後回し、車椅子優先では???なんて考えさせられる場面もありました。
また、車椅子専用の通路のドアを娘が開けたところ、「そんな所を通るな!」と娘が知らないおじさんに怒られるという一幕も・・・

わたしも、体の不自由な父の世話をして初めて知ったのですが、何も特別扱いをして欲しいと思っているわけではありません。
ただ、車椅子を見かけた時にそっと道をあけてもらえると嬉しいなと思いました。

足立美術館1

写真は足立美術館の庭
スポンサーサイト
テーマ:バリアフリー - ジャンル:福祉・ボランティア
日々つれづれトラックバック(0) | コメント(9) | top↑
<<ヒーリング・スクール参考図書 | ホーム | 山川さんの講演会を終えて>>
ふるやの森さん
お久し振りです!
コメントありがとうございます。

後先が短いと思うほどに、この一瞬を輝いて欲しいなんて思い始め。
一瞬、一瞬の大切さを教えてもらってるのかもしれません。
【2006/05/10 22:36】URL | めぐみ* #ncVW9ZjY[ 編集]
コメントいつもありがとうございます。
お返事がすっかりと遅くなりました~。

i-261ゆーじさん
わたしも、その立場になるまで分からなかったですね。
それにしても、不思議な事に車椅子に冷たいのは若い人より、私より上の年齢の方の方が多いのですよ。

i-261りえさん
いい車椅子は高いものね。
不親切に思うのは借りた所で返して下さいというお店。
駐車場の近くで回収してくれると助かるんだけど・・・

i-261ぷぷりんさん
外国に行くと、みなさんとても親切な光景をよく見かけるんですよ。
そう言う意味では日本は家族だけの問題みたいになっていて、公共の意識が遅れているのかもしれませんね。

i-261ミイコさん
わたしも、運動不足解消に階段使います(笑)
お手軽ダイエットで~す。

i-261ドルフィンさん
そうですよね。
相手の立場に立って考える。簡単なようで結構難しいですね。

【2006/05/10 22:33】URL | めぐみ* #ncVW9ZjY[ 編集]
親孝行
こんにちは。
お久しぶりです。
私も80近い母親を伊豆のケア施設に移しました。
思いは、いいところでいい死に方をしおてほしい・・・
それだけです。
肉体はわれわれの着ている衣服にすぎません。
時間とともに老朽化します。
大切なのは魂だけであるということを、
ようやく私も理解しました。
長文のコメントで失礼しました。
では、また
【2006/05/10 19:32】URL | flatheat #-[ 編集]
その立場にならないと気づけない事って多いなぁ。」。」とつくづく思わされました。
相手の立場になって考える。。という事って、しているようで、ほとんど出来ていないなぁ・・という事に気づきました。
【2006/05/04 21:47】URL | ドルフィン♪ #-[ 編集]
 訂正です!昨日のコメントなにか、変と思いや。階段を使わせない、ではなく エレベーターを使わせない。です。失礼しました。
  
【2006/05/04 20:20】URL | ミイコ #-[ 編集]
 世の中には、本当に色々な人がいますねー!
 やっぱり自分が車椅子を使わないといけなくなった時に、なんて
 勝手な事をしていたのか、きずかれるのでは?と思いたいですね
 やはり、健常者は、階段を使いましょう。。笑
 階段を1段上がると、3秒長生きする!と言い張り、スタッフに
階段を使わせなかった師長がいたな~♪
【2006/05/03 21:01】URL | ミイコ #-[ 編集]
車椅子や杖は補助具というだけでなく、周囲に自分のことをアピールでき、気遣ってもらえるというメリットが無視されていると思いました。
そういうことを知らない方々だったのでしょうね。
【2006/05/03 20:36】URL | ぷぷりん #-[ 編集]
いろいろなタイプの車椅子があるのですが、公共施設に備えているのは普及版というか安い車椅子をおいてあるからでしょうね。
そんなところも優しくないなぁと思います。
【2006/05/03 07:44】URL | りえ #-[ 編集]
オイラも知らず知らずに、車椅子の方の気持ちを無視していたかも。

昔、おじいちゃんの車椅子を押したこともあったんですが、

重たかったなあ。。。

今後は気をつけるようにしたいです。

大事なことなのに、ついつい忘れがちになってしまいます。
【2006/05/03 00:05】URL | ゆーじ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://morimegumi.blog47.fc2.com/tb.php/48-ac8a7b5a
| ホーム |
Profile

 森 めぐみ

Author: 森 めぐみ
~スピリチャル・コンサルタント~

スピリチャル・リーダーの養成や、経営者や企業のために宇宙の法則をベースにスピリチャルコンサルタントをさせていただいています。

レイキマスター
エンジェルリンク・ファシリターター
四魂コンサルタント

「2万人の魂の浄化経験をもつスピリチャル・ヒーラー」
14才のころから神秘的なものへの憧れ、タロットリーディングを始める。
83年より瞑想との出合い、 生きることの意味、魂の成長について探求。
その後,サイキック能力が大きく開いたことで93年より癒しの仕事に携わる。
ユング系の教育分析やアメリカでヒーリングサイエンスを学ぶ 。
ボイスヒーリング、ハコミセラピーを取り入れ、 心とからだ、魂に働きかける 女神メソッドを確立。

スピリチャル・リーダーのための養成や経営者のためのビジネスコンサルタント、経営者のためのセミナー、講演等幅広く活動している。

天命に志す1児の母でもある。

使用スキル
宇宙の法則、波動の法則
女神メソッド
リーディング、チャネリング、カウンセリング、コーチング、セラピー、ボイスヒーリング、MEGAMIスピリチャルヒーリング、ホ・オポノポノ、レイキ・アチューメント、アバンダンティア・アバンダンスレイ・アチューメント、インナーチャイルドワーク、前世療法、エンジェルリンク等 
詳しくはHPをご覧下さい。

2005年2月ボイスヒーリングCD『ME*GA*MI』をグレースレコードよりリリース。好評発売中!
試聴はHPで

♡Web Site
スピリチャルコンサルタント
Abundantia

スピリチャルヒーリング
*SmilingHearts*

♡Blog
ME*GA*MI
True Love
豊穣の女神アバンダンティアが教える豊かさのコツ

問合せ
mixi
このブログをリンクに追加する
・当ブログの文章および画像は森めぐみに帰属します。
文章、画像の転載についてはメールにてご連絡ください。

ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。